スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田市の中のキリスト教

決して他宗教の方と仲違いしているわけではありません。

キリスト教のHPをみると
WS000000.jpg

ものみの塔、モルモン教や統一教会とは関係ありませんって書いてある。
統一教会(統一協会)と間違えないでしょ?まあ真意は分かりませんが・・・・
異端の3兄弟といったところか。

町田市のキリスト教のHPを覗いてみよう。

実際、町田市にはいくつもの教会があると思うんだが、
どのくらい伝道が進み、ようは教勢が増えておるのか知りたいものだ。

韓国でみた若者たちが集まるキリスト教会があった。すごい熱気だった。
そのCDも聞かせてもらったことがある。

町田のキリスト教会では若者たちが集まってくるのだろうか?

私たちが通う町田教会にはたくさんの青年が集っています。
もちろん幼児から80代の方まで。

若い人がいるからって、このブログをみたキリスト教の方
拉致監禁はやめてね。

統一教会の信者に対する、拉致監禁・強制改宗について、その根絶を求めます
拉致監禁


ものみの塔の伝道師のように街頭に立って書籍を紹介したり
モルモン教のように自転車に乗ったお兄さんが道行く人に
声をかけたり、クリスチャンは伝道しているのだろうか?

家にいると訪ねてくる宗教者はものみの塔の伝道師たちだ。
小学6年生の娘も聖書に対して教えてもらっているそうだ。
教会学校で教えてもらったことを話しながら・・・・・。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 町田情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

私が見た夢の話

今日は夢の話。

寝る時に見る夢です。

結構、夢を見ることが多いです。

それも、正夢!?予知夢っていうのも。

御父母様の夢を何回見たと話される方もおられますが、

私も御父母様の夢も何度も見ました。

最初の夢は、伝道されて4Dに参加してすぐの頃。

お父様は野球の監督でした(笑)

ベンチに座り、私の頭をなでながら

「内角高めに投げるんだよ・・・・・・」

班長を通じて、教育部長に夢解きをお願いすると

教育部長曰く「心情を高めろということだよ」

内角高め=心情を高める 一応納得しました。

ある時は、

建築現場にいる親方の姿をしていたのがお父様でした。

10数回以上、

今までお父様と一緒の場面の夢がありましたが、

試練の最中、

それを乗り越えていこうとしている時に

お父様があるいはお母様が夢に現れて

勇気づけてくれることが多かったです。


ある時はこんな夢も見ました。

信仰的に厳しくなっている

共に歩む兄弟と一緒に

父母様を囲んで話をしている場面が出てきました。

私はお父様の肩をもんで差し上げたいと思っていましたが

どうしても勇気が持てず、行こうかどうか迷っていましたが、

前述の兄弟は、見るとお父様の所へ向かっていって

肩をもんでいるのです。

自分の良心は分かっています。

私よりもお父様に向かう心情は高いことを。

その兄弟は我々の前では、

様々な態度を取り難しいように見えましたが、

確かに、えーと思うような所もありました。

しかし、本人はお父様に対しては信仰を失っていないし

試練の中で確実に信仰と情を育んでいたのだなと思いました。

また、神様も父母様も決して私のようには見ていなかったんだと。

当時の家庭部長にその夢の話をしたら、

すぐに本人に伝えてあげてほしいと言われたので、

すぐに伝えてあげました。

今もその兄弟は家庭を持ち子女にも恵まれ頑張っています。

信仰の初期の頃の話ですが、

そのように夢を通して教えられることが多かったです。

町田統一教会に今日も多くの信徒が集いました。

新しく来られた方も数人いましたよ。



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 町田情報へ
にほんブログ村




神様に対する無知

先日、ある婦人と原理講論を一緒に読みながらお話をする機会がありました。

その時に、開いた箇所が以下のみことばです。

人間が、根本的に、神を離れては生きられないようにつくられているとすれば、
神に対する無知は、人生をどれだけ悲惨な道に追いやることになるであろうか。


総序の一節です。↓クリックしてください

統一教会について 原理講論


神様を知らないことが人生をどれだけ悲惨にするか。

現在、世の中に起こるすべての悪なる出来事は、人間が神様から離れてしまったこと。

一緒に訓読しながら涙があふれてきました。





にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 町田情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

神様の声 おまえがやるんだよ

「おまえがやるんだよ・・・・」

今日、夫婦である方と話をしていました。
ご主人様との出会いなど、色々とお話を伺いながら
信仰の初期の神様との出会いの話になりました。
当時、どうしても愛せなかった責任者がいたそうです。

それで、家にいる時に部屋の掃除をしながら、神様に祈ったそうです。
普段そんなに祈らないそうです(その当時はです)

その時は何か祈らないという思いになったのでしょう。

その婦人はこう祈ったそうです。

「神様・・・・・・、私は○○さんを愛せません。神様、神様が愛してください!」

するとこのように聞こえたそうです。

「おまえがやるんだよ・・・・」


前述の責任者は今は教会に来ていません。
何とか集団とかいうのにつながっているとも聞きます。

しかし、たとえどこかの集団につながっていたとしても、
「おまえがやるんだよ」

神様から言われたその言葉は

神様から一時的にでも離れてしまった当時の責任者を、
その婦人は導かないといけない使命があるように思われました。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村











テーマ : 考える - ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。