スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧会者の道を訓読

悩みがあると開くみことばです。
自分自身のためのみことばです。与えられるものが沢山あります。

96年から97年までの清平40修に参加した時には
原理講論とともに訓読をしました。


牧会者の道


購入した日は95年6月16日となっています。
年号

もうぼろぼろです。数年前からはカバーをしないともう大変です。

今日開いた箇所は

従っていく人は開拓者ではありません。
開拓者というものは、先頭に立つ人をいうのです。
歴史を引き継いであがめながら行く人は開拓者ではありません。
そうでしょう?
歴史がない場で歴史を創建していく人が開拓者です。
ですから、学ぼうという動機をもっていく人は、開拓者だと
言うことができません。そのような人は、ついていく人であり、
まねていく人です。


真のお父様が行かれた道がこの道ですね。
私も今更ながらこの開拓者としての心情を携えて歩みたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。