スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アジアの安定と日本の防衛の為に何をすべきか』

安保講演会のご案内

我が国は今、未曾有の国難に直面しています。
さらに、東日本大震災により、国を守る備えそのものの不備が一層明らかになりました。
危機管理問題の第一は国防(有事への対処)です。
昨年来の北朝鮮による韓国哨戒艦「天安」沈没や延坪島砲撃事件、中国漁船による尖閣諸島沖体当たり事件、
ロシア大統領の北方領土訪問など、もはや看過できない段階にあり、すでに我が国の主権は実質的に侵害されています。今後、北朝鮮による挑発行動はより活発になり、軍事力増強を背景とする中国の海洋権益拡大を目指す覇権的行動は激しさを増すでしょう。

我が国の防衛体制は日米同盟のもと、自衛隊と在日米軍の二本柱からなっています。
しかし今、その根幹が揺らいでいます。根本的原因は我が国の国防に関する強い意志と覚悟の欠如です。
そのため、緊急事態への備え、集団的自衛権行使、領海警備強化などの必要な体制作りができないでいます。
私たちはアジアと日本の平和と安全を守る為の国民運動を有識者の方々、保守系団体、そして良識ある方々と共に推進していきたいと思います。民主主義の価値を守り、東アジアに真の平和の秩序を構築するための国民啓蒙運動です。

この運動の東京での最初の講演会を、自衛隊のトップである統合幕僚議長を経験された竹田五郎先生をお迎えして行う事になりました。戦時中大尉として本土防空戦にも従事され、わが国の安全保障の強化を訴え続けてこられた軍事評論家の先生です。

公私共にご多忙の折とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
平成23年6月吉日

アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム準備委員会
                                            
◆日 時  平成23年 7月24日 日曜日 14:00~16:00
◆会 場  ホテルサンルート高田馬場 大会議室A  
(新宿区高田馬場1-27-7 JR高田馬場駅より徒歩1分)
◆講 演 『アジアの安定と日本の防衛の為に何をすべきか』
       竹田 五郎(元統合幕僚会議議長、軍事評論家)
 プロフィール:福岡県出身。陸軍士官学校卒業後、陸軍大尉として本土防空戦に従事。昭和26年、警察予備隊に入隊。第14代航空幕僚長、第12代統合幕僚会議議長を歴任。現在は軍事評論家として執筆活動、講演活動を行っている。
◆会 費 1000円 
◆主 催 アジアと日本の平和と安全を守る東京都フォーラム準備委員会
◆後 援 国際勝共連合東京都本部 世界平和連合東京都連合会 世界日報
東京都平和大使協議会 世日クラブ




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。